論文集


各学会の発表論文について

本論文は、私の実験レベルでの結果を、東北大学大学院工学研究科量子エネルギー工学専攻の遊佐訓孝准教授と共同研究した結果を「低周波領域でのボルトのゆるみ検知」として遊佐准教授がまとめられて発表した論文を掲載しました。

取り組む経過

人災と天災
・2012年12月 2日 笹子トンネル天井板落下事故。
天災は、翌年に発生した2013年3.11東日本大震災。
これらの連続した事故はショックでした。
・この影響で、2013年の4月から打音を用いたボルトのゆるみ検出の研究を開始。
翌年5月の連休中のある工事関係者の職人の判断作業をヒントに、低周波での検出方法を思いついた。



2016年6月 ドイツ(ミュンヘン)の国際学会にて発表






2016年3月 原子力学会にて発表